学校連携事業

 

関西カタリバ

 

「高校生の心に灯をともす授業」

大学生1人と生徒7~8人で班を組み、学校生活や友達関係の悩み、
将来のことなどについて対話します。

また、大学生の過去の失敗談や後悔したことを踏まえた価値観や考え方を伝えることで
生徒のロールモデルとなり、

生徒が将来に向かって一歩踏み出すきっかけを提供しています。

 

 


 

課題探究プログラムSeeker

 

「高校生に学ぶ楽しさを届ける授業」

新学習指導要領に記載されている「総合的な探究の時間」のサポートを行います。

主体的で対話的で深い学びを実現するため大学生スタッフが高校に赴き、
少人数のグループに対してサポートします。