レクリエーション事業


・レクリエーション活動のはじまり

・宿泊プログラム(キャンプ・スキーツアーなど)

・日帰りプログラム(ピクニック、社会体験活動など)

○始まりは阪神・淡路大震災

BrainHumanityは1994年に関西学院大学の学生により設立されました。当初は子供たちへの学習支援活動を行っていましたが、1995年の阪神・淡路大震災以降、被災した子供たちへの支援活動を展開しました。
そのなかで生まれたのが、キャンプやハイキングなどのレクリエーション活動です。現在では、被災した子供たちだけでなく、幅広い地域の子供たちにキャンプやスキーツアー、また日帰りのデイイベントなどを提供しています。

 

○日帰りのプログラムから長期宿泊型のキャンプまで

BrainHumanityでは、ハイキングやピクニック、また社会見学や社会体験活動のような日帰りのプログラムから5泊を超えるような中長期のキャンプなども実施しています。

■宿泊プログラム
【共通】(西日本・東日本事務局が実施する宿泊キャンプ、スキーツアー等)

>>BrainHumanityCAMP


■日帰りプログラム
【西日本】(兵庫県西宮市を中心に、主に阪神地域の子ども対象)

 >>サタデープロジェクト

【東日本】(宮城県仙台市を中心として活動)

 >>サタデープロジェクト